葬儀で故人を見送ろう~個人に適したサヨナラの仕方~

自宅や地元で送り出す

お葬式

故人の思い出がたくさん詰まっている神戸の実家で葬儀をあげたいと考えている人は、神戸の葬儀業者が行なっている自宅葬が適切です。自宅葬は葬儀業者に依頼せずに自分たちで行なうことも可能ですが、その際は近所の人たちの協力が必要になります。近年、日本では近所付き合いが希薄していることから自分たちだけで自宅葬の準備を進めることが困難だといわれています。そのため、自宅葬を行なう家庭は減少しています。しかし、神戸では葬儀業者に依頼することで自宅葬を行なうことができるので今でも多くの人が自宅葬を行なっています。故人の思い出を自宅で振り返りながら安らかに眠ってもらうことができるので、自宅葬を選ぶ人が多くいるのです。

自宅で葬儀をあげる自宅葬では、注意する点が2つあります。1つ目は、自宅に祭壇や花などを置くスペースを確保する必要があるということです。また、参列する来客が入るスペースも確保する必要があります。あまりゆとりがない家に住んでいる場合は自宅葬をお断りされる場合もあるので、神戸の葬儀業者に依頼する前に自宅のスペースを確認しましょう。2つ目が、ご近所への配慮です。多くの人が参列する場合近所の人が迷惑になる場合もあるので、予め事前に自宅葬を行なうことを伝えておく、準備や片付けは静かに手早く行なうなどの配慮を心がけましょう。また、自宅葬以外にも地元の公民館などで行なう集会所葬などもあります。生まれ育った街で地元のみんなに送り出してもらえる葬儀です。神戸ではこの集会所葬も高い人気を集めています。